検索画面では、指定した項目の予算消化額を折れ線グラフで、配信された動画本数を棒グラフで確認することができます。グラフには現在適用している絞り込みや検索条件が反映されます。

次のデータをグラフから確認することができます。

  • 媒体ごとで売れているジャンル
  • ジャンル内で売れている商材
  • 商材内で売れている動画広告
  • 指定した期間や条件で売れているジャンル/商材/動画広告
    (動画内では遷移先タイプは記事LP、媒体はYouTubeを選択)

※売れている=予算消化額が高い としています

予想消化額と動画本数のグラフの活用方法
フィルターの使い方
遷移先タイプを絞り込む
まとめて動画広告・記事を開く方法