動画広告がアップロードされている具体的なURLを指します。このURLは、広告が実際にインターネット上でどこに存在しているかを示すもので、クリックすることで直接その動画広告を視聴することができます。

広告URLは、特に広告キャンペーンの管理と分析において以下のような用途で使用されます。

  1. 直接アクセス: 広告運用者や関係者は、広告URLを通じて直接広告を確認し、その内容や表示の仕方をチェックできます。
  2. パフォーマンスモニタリング: 広告の効果を評価する際に、実際の広告を見ることで、デザインやメッセージの適切性を判断することができます。
  3. 共有: 広告キャンペーンに関わるチームメンバーやクライアントと広告を簡単に共有することができます。(動画広告分析Pro WEB版では、動画広告にピンを付けてコメントを送ることができます)
  4. エンゲージメントの分析: 実際の広告を見ることで、視聴者の反応やエンゲージメントをより深く理解することが可能です。