指定された期間における動画広告の再生回数が、前の同様の期間と比較してどれだけ増加したかを示す指標です。この指標は、今売れている動画広告の広告戦略の効果を評価する上で重要なデータを提供します。

例えば、次の場合、一番上に表示されている動画広告では、区切り2日間の再生回数は522,100回、
2023/10/10~2023/10/12の再生回数が522,100回とすると、2023/10/7~2023/10/9の期間から221,200回再生回数が増えたことを表します。

※実際の画面ではモザイク部分も確認できます

このように、特定の期間内の再生回数の増減を分析することで、動画広告のパフォーマンスが時間の経過とともにどのように変化しているかを理解することができます。

再生増加数を追跡することにより、広告運用者は動画広告の効果をリアルタイムで評価し、必要に応じて戦略を調整することが可能になります。例えば、特定の期間に再生回数が大幅に増加した場合、それはキャンペーンが特に効果的であったことを示しており、その要因を分析することで、今後の広告戦略に役立つ洞察を得ることができます。

また、市場の動向や季節的な要因、特定のイベントやプロモーションが広告のパフォーマンスにどのように影響しているかを理解するのにも役立ちます。たとえば、特定の休日やイベントの前後で再生回数が増加する場合、それはその時期に特に関連性が高いコンテンツやキャンペーンが効果を発揮していることを示している可能性があります。

再生増加数は動画広告のパフォーマンスを時間的な視点から評価するのに役立つ指標であり、広告の影響力と効果の変化を追跡するために重要な情報を提供します。