予想消化額と動画本数のグラフを分析することで、次に取り組む案件や動画広告のスタイルを考える際に大きなヒントを得ることができます。

今どの案件や動画広告のスタイルがトレンドに来ているか予測できる

例としてTikTokのダイエットサプリのジャンルを見てみます。ある期間のダイエットサプリの状況を見てみると、ダイエットサプリジャンルではA,B,Cの3種類の案件がより多く配信されていることが分かります。

このうち、Aは予想消化額と動画本数が共に多くなっていますが、B,Cは予想消化額に対して動画本数がかなり出稿されています。このことを知らないまま「ダイエットサプリが伸びている」と聞いて安易にB,Cの案件を取り組むと「売れるはずのスタイルで動画広告をたくさん作ったのに全然予算消化できない(売れない)」といったことが起こり得ます。

また、予想消化額が少なく動画本数が多いジャンルはCPMが高騰しやすい傾向にあるので、どんな案件や動画広告が売れているのかを分析することがより重要になってきます。

一方で、上記の事実を把握した上で「Aの中でも売れている動画広告が集中しているかもしれない」「B,Cで特に売れている動画広告があるかもしれない」と予測を立てて、商材一覧から実際の動画広告を確認することで、今伸びてる動画広告のスタイルを分析することができるようになります。

このように、予想消化額と動画本数のグラフを見ることで、今伸びてる案件や動画広告のスタイルを分析するのに役立てることができます。

検索結果にあるグラフの見方
遷移先に遷移する方法