分析項目の『予想消化学』は、特定の期間内に広告配信に用いられた予想消化額を指します。これは、WEB広告運用者にとって、動画広告分析Proの分析で非常に重要な指標です。

例えば次の場合では、この動画広告が『2日間で約480,000円を消化』したことを意味します。

デモ画面のため広告はダミーです

予想消化額は次の式で算出されます。

予想消化額 = 再生増加数 × CPM

特に『予想消化額』が高い場合、それは広告がよく配信されている(売れている)ことを示します(※)。逆に、予想消化額が低い場合は、案件選定や動画広告のスタイル、ターゲットの見直しなど、変数ごとの分析が必要かもしれません。
※予算運用などの例外あり

このように、『予想消化額』は動画広告分析における重要な要素となります。